Multilingual front page

多言語化させた場合にTOPページの一覧に不達の言語の同一記事が出てしまいます。その場合の対応です。

色々と設定していたのですがdrupalgardensに答えはありました。

http://www.drupalgardens.com/documentation/language/multiple/interface/front-page

サイト構築>VIewsを選択します。
グレーダウンしていますが、右側のセレクタから編集を選んでください。

 

現在の設定では翻訳言語も出てしまいますのでFILTER CRITERIAを設定します。フィルターはコンテンツ: 言語(Content: Language)を選択します

次の画面では図のようにis One of Current user’s languageを選択し

Apply(all displays)を押下してください。

このままだとドキュメントルートでアクセスした場合に言語が指定されないので

表示する言語を指定したい場合は

環境設定>システム>フロントページより対象の言語を指定するURLを設定してください。

(URLのハンドリングによっては設定が違う場合もあるかもしれません)

これでフロントページにアクセスすると、言語でフィルターのかかったページが表示されます。

 

 

 

Notice: has_cap の使用はバージョン 2.0 から非推奨になりました ! プラグインやテーマでのユーザーレベルの使用は推奨されていません。代わりに権限グループと権限を使ってください。 in wp-includes/functions.php on line 3318

WordPressのプラグインを有効にした場合に標題のエラーが出た場合。管理画面に何も表示されないという時は疑ってください。(メッセージはwp-config.phpでdebug=trueにしないと表示されませんが)

ちなみに私は久しぶりにプラグイン作るのにcodexからコピーして作ろうとして発生しましたがw

「Notice: has_cap の使用はバージョン 2.0 から非推奨になりました ! プラグインやテーマでのユーザーレベルの使用は推奨されていません。代わりに権限グループと権限を使ってください。 inwp-includes/functions.php on line 3318」

エラー内容のfunctions.phpが原因では無く追加した(作成した)プラグイン側の問題ですので、無効にするか修正してください。

恐らく

add_options_page(‘Test Options’, ‘Test Options’, 8, ‘testoptions’, ‘mt_options_page’);
このようにaccess_level/capabilityの部分が8のように数字指定されているかと思います。古いプラグインには残っているかもしれません。

これは古い記述の仕方なのでadministratorなどと置き換えてください。

※最新になってない部分は英語版を参考にしましょう。

http://wpdocs.sourceforge.jp/%E7%AE%A1%E7%90%86%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%81%AE%E8%BF%BD%E5%8A%A0

http://wpdocs.sourceforge.jp/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%81%AE%E7%A8%AE%E9%A1%9E%E3%81%A8%E6%A8%A9%E9%99%90#.E7.AE.A1.E7.90.86.E8.80.85