Ethna:getObjectPropList

たぶんこれ使いこなすと便利になるのかな?とりあえずクラスドキュメントから引用 getObjectPropList (line 207) オブジェクトプロパティの一覧を返す getObjectList()メソッドは条件にマッチするIDを元にEthna_AppObjectを生成するためコストがかかる。こちらはプロパティのみをSELECTするので低コストでデータ を取得することが可能。 * return: array(0 => 検索条件にマッチした件数, 1 => $offset, $countにより指定された件数のプロパティ一覧) Ethna_Error:エラー * access: public mixed getObjectPropList (string $class, [array $keys = null], [array $filter = null], [array $order = null], [int $offset = null], [int $count = null]) * string $class: Ethna_AppObjectの継承クラス名 * array $keys: 取得するプロパティ一覧(nullなら全て) * array $filter: 検索条件 * array $order: 検索結果ソート条件 * int $offset: 検索結果取得オフセット * int $count: 検索結果取得数

Published by

kashioka

有限会社アリウープ 代表取締役社長 PHPユーザ会の発起人の一人。いちばんやさしいPHPの教本(インプレス),PHPハンドブック(ソフトバンククリエイティブ)著者。PHPカンファレンス実行委員 明日の開発カンファレンス開催 認定スクラムマスター。近年、PHPに限らずサーバレス環境でのPythonなども書いたりしている。 http://alleyoop.jp

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。