WordPress3マルチサイトでアイキャッチ

バージョン3になってから、アイキャッチが使えるようになりました。
(その前はサムネイル表示)
3.1になってさらに便利になっているはずなのですが

先日移行したWordPressのページ達の右下に
アイキャッチの枠出て来ません、、、、

function.phpに
add_theme_support( ‘post-thumbnails’ );
と書いたり
twntyelevenの子テーマにしてみたりしてたのですが

http://ja.forums.wordpress.org/topic/6391
フォーラムのy-nishiさんの発言で回答発見!

右上のネットワーク管理者になって
左下の設定>メディア>メディアのアップロードのところで画像にチェック
これで各ページ、投稿にアイキャッチ枠が表示されるようになりました。

wordpress日本語URLの設定

パーマリンクにて/%postname%/等を設定すると
404 Not Foundになってしまう場合がある
これを解決するためには
htaccessに
php_flag mbstring.encoding_translation off
php_value default_charset “UTF-8″
を設定する必要がある(文字コードにあわせて)

参考:Powershift

これでも日本語タイトルのページはnot foundになってしますので
この場合書くページのスラッグをアルファベット表記にして
回避することが可能

No handlers for package.xml version 2.0

PEAR を使ってパッケージのインストールをしようとすると No handlers for package.xml version 2.0と怒られる場合があるこの場合はPEARのバージョンが古い可能性があるで # pear upgrade PEAR とかしたときにまた requires package `PEAR’ >= 1.3.3 PEAR: Dependencies failed とか怒られてしまう 1.3.3以前のPEARではこのupgradeが利用できないためとりあえずPEARを1.3.3にアップグレードする必要がある #pear upgrade PEAR-1.3.3 PHP Fatal error: Allowed memory size of 8388608 bytes exhausted (tried to allocate 35 bytes) in /usr/share/pear/PEAR/PackageFile/v2.php on line 1175 Allowed memory size of 8388608 bytes exhausted (tried to allocate 0 bytes) とかエラーが発生する場合は php.iniの memory_limit = 8M ; Maximum amount of memory a script may consume (8MB) を16Mとかに上げてためすとインストールできる時があるサイズのでかいもののとき結構メモリを使うのか?

smartyのループ(foreach)

あれ?PHPだとforeachって0件でもループ入らなかったような気が…… smartyでforeachすると0件でも表示処理が行われてしまう。そのような場合はforeachelseを用いることで回避できる {foreach from=$app.items item=item} 表示処理 {foreachelse} データがありません {/foreach}

yahoo API にsimple_xmlでアクセス

XMLを取得するのに
$xml = @simplexml_load_file($req) or die (“error”);
として取得したところ
attributeに結果の件数等はいってきて
一見取得できるように思えたのだが
var_dumpで中身を見ても、欲しいデータが見つからなかった
上記指定だとCDATAの項目を取得しないのが原因のようだ
$xml = @simplexml_load_file($req , ‘SimpleXMLElement’ , LIBXML_NOCDATA) or die (“error”);
とオプションを指定することで、データの取得に成功した

FreeMindの日本語化

マインドマップ作成ツールの FreeMindのインストールの仕方ユーザ毎の設定ファイルを検索等で探す普通にインストールするとC:¥Documents and Settings¥ユーザ¥freemindに user.properties という名前で生成されているこのファイルをエディタ等で開き ##This is the language that should be used in the program. Currently “en”, “de” and “fr” are supported #language = en language = ja 上記のようにjaを追加コメントを見るとja使えそうに無いがこの状態でFreeMindを立ち上げるとメニュー等が日本語化される 追記 http://prdownloads.sourceforge.net/freemind/FreeMind-Windows-Installer-0_8_0.exe?download ダウンロード可能(上記バージョンだと日本語化いらないかも)

cakePHP selectフォームのdisabled

前のエントリーで入力後の確認画面を作成する場合を書いたが
そのままadd.ctpをコピーすると当然フォームのままだったりします
テキストとかはそのまま表示に変えやすいんですけど
連動したリストボックスとかメンドクサイですよね
といっても値表示用のメソッド書けばいいんですが
さくっと逃げるためにリストの選択自体は
エラーチェックで再描画するようのままで
disabledにすることで逃げちゃいました

select(‘category_id’,
$list,
null,
array(‘id’=>’categories’,’disabled’=>’disabled’),”選択してください”);
?>

WYSIWYGエディタ

CMSに組み込んで利用するために
ちょっとWYSIWYGエディタ調べてみた
改変を考えるとBSDかMITライセンスが便利か?
TInyMCEはyoutubeのボタンがあるらしいので
これも便利そう

Yahoo! UI Library: Rich Text Editor
BSDライセンス
http://developer.yahoo.com/yui/editor/

TinyMCE
LGPL
http://tinymce.moxiecode.com/
多言語対応

FCKEditor
LGPL
http://www.fckeditor.net/

NicEdit
MIT
http://nicedit.com/
軽い

SPAW
GPL
http://www.solmetra.com/en/disp.php/en_products/en_spaw/en_spaw_about

Ethna_Session

なんかプロバイダの関係かちょこちょこ接続IPが変わってて
Ethnaのセッションが上手く動いてなかった

Ethna_SessisonでREMOTE_ADDR見てるとこがあるので
最初isVallidを空でオーバライドしたんだけど
だめな場合があったので

session_start) {
if (!empty($_COOKIE[$this->session_name]) || session_id() != null) {
setcookie($this->session_name, “”, 0, “/”);
}
return false;
}
return true;
}
}
?>
のようにして
Controlerでこのセッションを利用するように記述した

Berkeley DBインストール

postfixを設定しようと思ったら

db*-develがありません

とおこられたのでインストールしてみることにする

http://www.oracle.com/technology/software/products/berkeley-db/index.html

より

db-4.x.x.tar.gzをダウンロードします。

$tar xzvf db-4.x.xtar.gz

$ cd db-4.x.x/
$ cd db-4.x.x/build_unix
$ ../dist/configure –prefix=/usr/local
$ make
$su –
#make install

cp /usr/loca/include/db.h /usr/include/

上でprefix入れてればこれいらなかったかな?